ココロはいつも青空!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

マナー

どうも。こんばんは。

最近、若者のマナーが…というのをよく見かけますが、僕は通学中若者のマナーよりご婦人方のマナーに注目してしまいます。

もちろんご婦人方のすべてがと言うわけではないのですが、電車への乗車マナーが悪すぎると感じることが多々あります。

長い時間電車を待つために列に並んでいるにも関わらず、我が物顔でヒョイと横は入りしたかと思えば

「○○さん!こっち!こっち!ココの席空いてますよ!」

とか叫ぶ始末です。

そして、席を占領するとオーディをプレーヤーの音モレや携帯電話の通話の声の比にならない声の大きさでお喋りを始める事もあります。

何度も言いますが、すべてのご婦人がこうではありませんのでご了承ください。


特に集団でいる場合に強力な力が発揮されるようです。


これはひどい例ですが、横は入り一つ見てみるとサラリーマン風の男性にも多く見られます。

逆に、若者は律儀なものですよ。

若者の中にはマナーの悪い人もいますが、率で言うと僕の経験上―東海道線においてはご婦人やサラリーマン風の男性のほうがマナーが悪く感じます。


なにが言いたいかというと、決め付けるわけではありませんが子は親ありきなんだと思います。

よく言われる話ですが、親の背中を見て育っているのだと思います。


「今の若者は…(ため息交じりに)」

というフレーズをたまに見かけますが、それはせいぜい50パーセントくらいしか正解ではないと思っています。

マナーが悪い若者個人が悪いのはあたりまえなのですが、それを許してしまう…あるいは促してしまった親をはじめとする大人にも大きな責任があると思います。

だってそうでしょ?
生まれたてのときには何も知らないのですから。

その子の育った環境などがひっくるまって個が誕生するのではないのでしょうか?



結論をいうと…
若者だけが悪いっていうのはよくない!

ということと

ちょっぴりまじめな話になるのですが、少年犯罪の予防策はこんなところに解決の糸口があるのでは…と思うわけです。




オリジナルCDの話ですが
春夏秋冬の曲の音源がほぼ完成しました。

誰も曲名なんて興味がないと思いますが、一応書き出すと

春…僕と桜と青空と
夏…遠夏蒼蒼
秋…青色秋桜
冬…青い月、飛び越えて

冬は違う曲を入れる予定でしたが、通して聞いてみると同じような曲調ばっかりが並んでいて正直つまらないと思ったので、冬とは関係ないのですがこの曲をチョイスしました。

まあ、冬の夜空は綺麗ですよ…ってことで。

あと2~4曲くらい収録したいと思っています。

そのうちの一曲は新曲となる「ヒトトセ(仮)」
その他の曲はボチボチ決めたいと思います。

著作権の関係上、また相談のメッセージを送るかもしれません。


では。

良い夢を。
スポンサーサイト
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://ryuutetsu.blog62.fc2.com/tb.php/47-c0e64642
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。