ココロはいつも青空!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

数値と感情

どうも。こんばんは。

すっかり秋になりました。
いつの間にか冬になってしまうんだろうな……

庭に出ると金木犀の香りがします。
なんとも懐かしい匂いです。


いきなり話しは飛びますが、研究室の希望調査が終わりました。
悩んだあげく、結局統計を専門とする研究室を選びました。

研究室は就職とはあまり関係がないという話しなので…

さて、統計…ということですが、人の気持ちとか感情を抜きにすれば、数値が一番信頼できるものだと思っています。

例を出すほどでもありませんが、500mlの容器に250mlの水が入っているとすれば、容器の半分に水が入っていることがわかりますね。

回りを見渡してみると、数値は驚く程至る所に転がっていることに気がつきます。

PCのスペックやスーパーの値段表示…などなど。

それらは、僕らの生活のなんらかの指標となっています。


統計の解析っていうのは、ある数値があるベース上でどの位置にあるのかを考えるものだと…解釈しています。

じゃあ、そこに人の気持ちや感情を合わせて考えてみると……

人にとっては1でしかないことも、別の人では10なのかもしれない。

喜びも、悲しみも、楽しみも、痛みも…人によって様々であることを考えるべきだ…っていうのは、20年生き続けてわかっているつもりではあります。


しかし、おそらくそれを大前提として、僕の希望する研究室では、人と物とに現れる、いわば感覚を数値化して解析するわけです。

つまり、何が言いたいかというと…何が言いたいんでしょうか(笑)

まあ、数値は信頼できるものではあるけれど、それがすべてではない…ということは頭に入れておきたいです。


今回の”僕の好きな歌”はお休みです。

携帯から書いているので。

では。

よい夢を。
スポンサーサイト
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://ryuutetsu.blog62.fc2.com/tb.php/127-e6c180f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。