ココロはいつも青空!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

成績配布

どうも。こんばんは。

今日は成績開示ということで名古屋に出向きました。

友人と学内の建物で待ち合わせ、一緒に成績を取りに行きました。

結果は…


すべて合格

でした。

とりあえず、今のところ奇跡的に落第したものはありません。
昔から、どうも運が良いみたいです。

運が良い…と、口走るとまわりの優しい友人達は決まって、”実力だよ”と声をかけてくれますが、やっぱりどう考えても、そういう場合はやっぱり運が良かったとしか思えないことが多いです。

強いて言えば、そういう友人の存在こそが運の良さを生み出してくれるかもしれません。
つまり良いサイクルができているということです。

中学校や高校で、よく特別講義とか銘打って外部のお偉いさんがやってきてわざわざみんなで話を聞く会ってあるじゃないですか。

確かに、今思えばどれもためになることだったのかもな~と思えるのですが、当時はその価値がよくわかりませんでした。

しかし、ある講演だけはとても心に残り、そして間違いなく僕を変えてくれたものがあります。

それは、地元運送企業の社長さんの講演でした。



内容は、なぜ事業に成功したか。

そして、4つくらいに分けて話をしてくれたのですが、そのうちの一つ
”仲間を信じて任せること”

当時、高校一年だった僕は…それなりに考え方が変わりつつあったのですが、中学生だった頃の傲慢でプライドが高く、そして何でも一人でやろうとしてしまう性格を引きずっていました(笑)

要は、まったく回りが見えていなかったんですね。

その話を聞いてから、徐々にですが何か一人ではできないようなことがあると人に頼むようになりました。
(もちろん、一人でできる…簡単なものであれば、”やりたがり”なので意地を張って一人でやることがありますが。)

それからですよ。いろんなことがスムーズに動き始めたのは。

中学のときは、何か大きなことを一人でやり遂げて
どうだ!凄いだろ!
と、そのとき限りの余韻に浸っていたものですが、その後に残るものはやり遂げたという経験だけでした。
もちろん、仲間で協力してやるようなこともあったのですが、考えの中心は常に”自分”がどうするか…といった感じでした。


人を頼るようになってからは、経験だけでなく多くの信頼できる仲間が残るようになりました。
そして、それはなんとも心強く居心地の良い場所となりましたよ。


人を頼る…と書きましたが、もちろん頼ってばかりでは”何だコイツ”と思われてしまいます。
当然、ギブ・アンド・テイクです。

ということで、僕の理想の対人関係は、お互いが平等(上下関係がない)で尊敬しあえる…という点です。
ギブ・アンド・テイクが保たれるわけですね。
優しさには優しさで返す…といった具合です。

さて、そうとう話が脱線しましたが、要は仲間よありがとう!という話です。


で、話を本題に戻すと、さっきまで研究室と就職について考えていたんですよ。

どうせなら、就職先に関係のある研究室に入りたいなぁと思うわけです。

今、考えている就職希望先はあるシステムを動かす会社です。
チームを組んで、一つの目標に向かって動くなどなど、僕が憧れる職種にピッタリとあてはまったためです。

そして、その関連の会社。
あと、塾講師(笑)

そうなると、”生産”や”管理”という分類ではなく、システム工の研究室に行かなければならないわけですが…


では。

良い夢を。
スポンサーサイト
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://ryuutetsu.blog62.fc2.com/tb.php/119-fdf69f53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。