ココロはいつも青空!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

遠夏蒼蒼

どうも。こんばんは。

突然ですが、詞を…

遠夏蒼蒼
-----------------------
二人で歩んだ道のりを 確かめるようになぞった
長く続いた一本道に突然の分かれ道

夏祭りの終わりはいつも打ち上げ花火だったよね
はかなく終わる祭りの最後を「今」に重ねた

ひまわり 麦藁帽子 せみの鳴き声 入道雲
ありきたりな風景の中に
僕の心、迷い込んでいた 

君のまぶしい笑顔 忘れない
僕の心の中で色あせない
遠い夏の日に 置き去りにされた
君との日々は 宝物(マイ トレジャー)

間奏

そして 時は流れて…流されて
優しく厳しく 季節は巡って
風にふかれ なびく思い出は
霞む 陽炎のように 

君のまぶしい笑顔 忘れない
僕の心の中で色あせない
遠い夏の日に 置き忘れた
君との日々は 宝物(マイ トレジャー)

戻れない あの時間(ばしょ)で――


-----------------

さて…
ようやく完成しました。

夏に間に合ってよかったですf^^;


Bメロのあたりは改良するかもしれませんがだいたいこの路線です。


バラードと言えば…といったような詞にまとめたつもりです。

まあ、ありきたりなんですけど。
ありきたりなのには理由があって…こういう詞は想像するしかないんですよ。
実際には、こんなドラマチックなことがなかったから。

だから、僕の記憶の片隅にある既存の詞の模倣でしかないような気がします。

それでも褒めてくれる人がいるのは嬉しい限りです^^


ちなみにこの曲、J研にて公開中です。

では。

良い夢を。
スポンサーサイト

無題

どうも。こんばんは。

今日、”この話題”をブログに書くぞ!…と思っていたのですが

”この話題”の内容をすっかり忘れてしまいました。


いったい何を考えていたんだろう…自分に興味が尽きないところです。


お蔵入りになってしまった曲の詞でも貼り付けましょうか。

無題

疲れた顔して覗き込んだ 通勤電車から見える景色
電車に乗るのが楽しみだった 幼い日の記憶、懐かしんだ

時間に流されて 人波にのまれて
ありきたりな日々に 光探していた

信じて諦めない 負けないココロ 胸に抱いて
風より速く 雲より高く 青空に駆け上がろう!

車より速く走れた 道は無限に広がっていた
もう一度 あの日のような 自由な瞳で 
 
信じて諦めない 負けないココロ 胸に抱いて
風より速く 雲より高く 青空に駆け上がろう!


…この曲、まだ途中です。

ですが、この続きはもう書きません。

詞もある程度完成したことだし、さっそくVOCALOIDにエディットしてみようと思ってやってみたんですよ。

音程に幅がありすぎて、歌としては成り立たないことがわかりました。


メロディ自体はJ研に「ありがとう、おめでとう」という題名で投稿してあります。

20際の誕生日を記念して作ったこの曲…当然歌詞もありがとうとおめでとうをいっぱい詰めたものにしようと思っていたのですが……

通学電車で、となりに座った疲れきったおじさんを見ていたら、ふと思いつきました。


”風より速く、雲より高く 青空に駆け上がろう!”

というフレーズが自分では気に入っています。



では。

良い夢を。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。